スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Baba Bourgeois

なんともお疲れ~な1週間。。。
体力&精神ともに、キツキツだったなぁ

実はノエルにプレゼントとしてWonderBoxのコフレをもらってたんですね。
レストランでご飯が食べられるものからエステやダイビングなどなど、いろんな
ジャンルがあります。今までも何回かもらったことあるんだけど、
何をあげていいか迷った時に【レストランをプレゼント】っていいアイデアだなって
思う。中には小冊子が入っていて数はあまりないけれど、レストラン自体も選べる。
そのコフレ、ノエルにもらったもののまだ使ってなかった。(1年有効)
で、お疲れな1週間にご褒美をあげる意味合いも兼ねて、予約して行ってきました!

場所はパリ5区、セーヌ川沿い。
これだけでも気分があがるってもの
とにかく今日は朝からめちゃくちゃお天気が良く、午後は18度以上になって
初夏を思わせるような陽気だったし、土曜日なので人手も多いわ~。
みんなこの季節を楽しみたいんだなっていうのがよく分かる。

パリの日の入り
もうすぐ沈む太陽の左横にあるのがエッフェル塔。
すでに20時過ぎてるけど、明るい。
この景色を見ているとやっぱりパリが好き!って気持ちが隠せなくなる(笑)

さてお邪魔したのはLe Baba Bourgeoisという名のフランスの南料理が
専門のレストラン。
白い外装でおしゃれでcozyな雰囲気
お店1

見えないですが奥に何名かお客さんがいました。
サービスしているのは40代くらいの南出身を思わせる外見の男性で
物腰柔らかな感じのいい人だったよ。
お店2

さてこのコフレ、どうやらお料理は選べないようで決められたコースに
なってます。(アペリティフ+前菜+メイン+デザート)
ま、多分どこもそうだと思うし、あまり好き嫌いないのでOK。
でも食べられないものがある人はどうするんだろう?
フランス人だし、きっと無理言って交渉して他のものに代えてもらうんだろうな
わたしたちは別で赤ワインのボトルも頼みました~。

運ばれてきたキールで乾杯
キール

サービスが早い(笑)
お客さんがあまりいなかったのもあるだろうけど。
前菜がもう運ばれてきました~。

MéliMélo provençal d'aubergines, tomates, poivrons grillés
ナスと焼きピーマンのトマト煮込みプロヴァンス風
メリメロ
要はラタトゥイユですね。下にお米?のガレットみたいなのも敷いてある。
MéliMéloとは「ごたまぜ、ごちゃごちゃ」という意味で、フランス語の混ぜるという意味の
言葉mêlerから作られた造語らしい。日本語でいえばごった煮ってとこでしょうか(笑)
ものすごく熱くない少しぬるめな温度で、これが野菜の味をさらに感じさせて
くれる感じ。とってもおいしかった。

そしてメイン。
Pastilla au poulet à la mode de Fès
鶏肉のフェズ(モロッコ北部)風
鶏の胸肉のクリームソテー
↑ってコフレには書いてあったけど、サービスの人は「suprême de poulet」と
言っていたので多分別物だと思います。
suprêmeとは鶏のささ身や白身魚のクリームソース煮のこと。
ちなみにシュプレーム・ソースはルーを鶏や仔牛の出し汁で伸ばして、
生クリームを加えたホワイトソース。
このクリームソースが意外と濃厚で一緒についているインゲンのソテー、
バスマティライスと合うこと、合うこと。
ま、家でもできそうなお料理ですが(笑)普通においしかったです。
この時点で外が暗くなってきていたので写真がブレてます
お店の中だし、お料理写真にフラッシュ使うと別物に見えてしまうため
ご了承を~。

デザートは何種類から選べました、でもティラミスはなかった…。
(コフレにティラミスって書いてあるのに~!)

Tarte aux pommes
りんごのタルト
アップルタルト
セブは苺のタルトを頼んでたけど、すご~くおいしかったって!
りんごのタルトもおいしかったよ。

ヒールの靴を履いていたので帰りは足が痛かったんだけど、ノートルダム寺院を
横にシャトレまで歩いてからメトロに乗った。
春のパリ、いいなぁ~。またいつか住みたい・・・。

Le Baba Bourgeois (cuisine du Sud)
5 quai de la tournelle
75005 Paris
Tél: 01 44 07 46 75
Métro: Jussieu ou Pont Marie

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ~
疲労困憊の時はこんなステキに過ごす時間って
とっても大切で癒されるよねぇ~。
お洒落でモダンなカフェって感じのレストラン
だけれど自腹きってリピしたいくらいだった?

彼の希望もあるだろうけれどパリ、住めるように
なるといいね♪

cocoちゃん

実は行く前にもひと悶着あって行くべきか迷ったんだけどね~(汗)
パリから戻ってまた電車でパリ・・・って結構疲れるというか。
セブは車出すのエコロジーじゃないって反対だしぃぃ(-ε-;)

とってもきれいなレストランだったよ、隣りの席ともくっついてないし。
すご~く広々としてて逆にスペース余り過ぎてて
お店として大丈夫なの?って仕事目線で見てしまったけど。
お料理はコースが決められていたから、アラカルトとか
どんなものがあるのか分からないんだよねぇ。
前菜からデザートまで嫌味なくおいしかったけど、家庭でも
作れる味かなとは思ったな。リピは…どうだろうねぇ^^;
わたしはもっと庶民的なビストロのほうが好きだからな。

パリには住みたいっていつも呟いてるけど、予算とか考えても
現実的じゃなくて。今と同じ家賃で同じ広さなんて探したって
ないしね~。いつかお金持ちになってパリにステュディオでも
買って週末とか気が向いた時にひとりで過ごしたり、友達呼んで
フェットとかしたぁぁい(笑)
ま、妄想ですよ、妄想^^;

夕日の写真がきれいだわ~。
たまにお洒落して小洒落たレストランで食事って、気分転換になるよね!
記事にもできるし(笑)。
え?行く前に一悶着?
仲直りできてよかったね♪

そういえば、ノエルの前に買った黒のドレス、着た?

妻さん

すごいきれいな夕日だったよ♪
ず~っと毎日眺められたらどんなに良いだろうなぁ。
って、住んだらきっとそんなことしないんだろうけどね(笑)

ちょっとこじゃれたレストランだったけど、隣りが近くないから
くつろげたよ。話が聞こえてこないっていうのはいいね。
あはは、ひと悶着はもうしょっちゅうだから(笑)
大体出かける前はいつもそうなのよね~。。。^^;

あの黒ワンピはまだ着てないの!
でも来月、セブの友達同士が結婚するので招待されているから
それに着ようと思ってるよ。
実は背中がガバッと空いてるデザインなので、中はどうしたらいいかな~。
FC2カウンター
Mes favoris!
お気に入りの映画と本たち
プロフィール

Maxou

Author:Maxou
フランス好きは13歳の頃から、と結構筋金入りです。
当時のシャルロット・ゲンズブールとヴァネッサ・パラディにノックアウトされました。好きが高じてあれよあれよと2006年よりフランスで暮らしています。楽しいことばかりじゃないフランス暮らしをゆるゆると気ままに綴ってます。

モード・雑貨・音楽・写真・映画・料理・ネコ。
どれかひとつのキーワードでもビビッと来たら気軽にメッセージください♪

ランキングに参加しています。
気に入ったらポチっとお願いします♥
Banner Adieu Tristesse   

France et Japon
フランス時間
日本時間
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。