スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルザス地方一泊旅行 ~その1~

行き当たりバッタリのわたしたち。
セブもなんとなく調子悪くて「行くの、行かないの、どっちよ?」なんて
言いつつ寝て、結局早い時間には起きれなかった。。。。
すっかり行かないのかと思いきや「もうホテル予約してあるんだし!」って言うんで
13時過ぎにストラスブールへ出発
(だったら前日から言っておいてよ~

車で5時間・・・・・・・・長かった。
お疲れ~
はい、着いたらもちろんすっかり夜でした

ここでアルザス地方であるストラスブールのマメ知識
ストラスブールはフランスの北東に位置している(ドイツ国境まで10km)街。
ドイツ文化もそんなわけで入っているので、フランス語じゃない
表記なんかも多々あるしアクセントもドイツ語っぽいみたい。
郷土料理もシュークルート(ザワークラウト)やベッコフなどドイツから
来ているお料理が有名です。
(お料理に関してはまた後ほど!)
そして今の時期はクリスマス市(Marché de Noël)で町中がきれいにデコレーション
されていて夢のようにキレイなの
ドイツ近くなのでもちろんパリよりも気温は低いですよ~。
有名なのはやはり大聖堂。パリのノートルダムよりもランスのそれよりも
大きいそうですよ~。
外壁に赤砂岩が使われているせいでとても華やかな感じがして、「バラ色の天使」
などという呼び名がついているそうです。
夜だったので写真は翌日に…。

激寒の中、ストラスブールの比較的コンパクトな街を歩き
今夜食べるものを物色(笑)
わたしにとっては食は旅の一番の楽しみ!

クリスマスツリー

街デコ1街デコ2
街中がデコレーションケーキまたはプレゼントみたい。

街デコ3街デコ4
可愛さをちゃんとお伝えできないのが残念。

いいかげん体が冷え切ってきたので、マルシェでヴァン・ショー
ヴァンショー売り場
白ワインでのヴァン・ショーも惹かれたけど普通のものに。

ヴァンショー
煮込まれてるのでアルコール分ほとんどなし(笑)
めちゃくちゃ甘いっ・・・・・

さてさてお腹もいい具合にすいてきました。
適当なお店に入ったわたしたち。(レストランの名前忘れちゃった…)
ここはムニュ(コース)があってお手ごろ価格だったの。
わたしたちが取ったムニュのメニュー。
メニュー

前菜(セブとわたし同じもの)
オニオングラタンスープ(Soupe à l'oignon Maison, fromage râpé et croûtons)

オニオングラタンスープ
クルトンがカリカリじゃなくて既にふやけていたけど可も不可もなく。
冷えた体には嬉しい一品。

ワインはアルザスの白ワインでピノ・ブランに。
これおいしい~!すごく好みの味。さっぱりしていてスイスイ進んじゃう(笑)
白ワイン

こちらアルザス地方のワイングラス。可愛い~。
深めのワイングラスよりも洗いやすそうだし。
脚が緑なのが定番なのかな?
ワイングラス

メイン(セブ)
3種のお肉のベッコフ(Baeckoffe aux trois viandes (boeuf, agneau et porc)

ベッコフ

ベッコフとは肉と野菜を専用のベッコフ鍋で白ワイン・ハーブを入れ
オーブンで焼き上げたアルザス地方の伝統的家庭料理。
中味はじゃがいも、ポワロー(西洋長ネギ)、玉ねぎ、そして羊・牛・豚の
3種のお肉で、この3種のお肉が入ってないとベッコフとは呼ばないそうだ。
味見させてもらったんだけど、とにかくおいしくてなんとも言えない素敵なお料理!
これにすればよかった~って大後悔したほど(笑)
明日のお昼は絶対にコレ食べる!って決めました。
ここのベッコフ鍋はひとり分にはちょうどいい大きさで、可愛いなぁ。
セブも大満足で完食してましたよ~。

メイン(わたし)
鶏モモ肉のロースト・アルザス風(Cuisse de poulet à l'Alsasienne et spatzle)

チキン

お腹に優しいかなぁ~と思って選んだ一品。
シュークルートは数週間前に(インスタントだけど)食べちゃったし
ベッコフはセブが採るっていうんで。
おいしかったけどかなり普通で、別にここアルザスで食べなくても
良かったし、ベッコフにすれば良かったぁ~
とにかく明日のランチは絶対にベッコフ!(笑)


デザート(セブ)
ガトー・ドゥ・ノエル(Gâteaux de Noël)

ガトードゥノエル

味見してないので分からないけどセブ曰くレーズンが入った
パサパサしたお菓子だそう。伝統菓子なのかな?

デザート(わたし)
2種のシャーベット(2 boules de sorbet aux fruits d'Alsace)

シャーベット

お腹にあまり余裕がなかったので無難なシャーベットを。
黄色いのはマンゴー味、紫のはフランボワーズ味でさっぱりおいしかった。

レストランを出た後、少しだけ街を散歩してホテルに戻り早めの就寝

~続く~

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Mes favoris!
お気に入りの映画と本たち
プロフィール

Maxou

Author:Maxou
フランス好きは13歳の頃から、と結構筋金入りです。
当時のシャルロット・ゲンズブールとヴァネッサ・パラディにノックアウトされました。好きが高じてあれよあれよと2006年よりフランスで暮らしています。楽しいことばかりじゃないフランス暮らしをゆるゆると気ままに綴ってます。

モード・雑貨・音楽・写真・映画・料理・ネコ。
どれかひとつのキーワードでもビビッと来たら気軽にメッセージください♪

ランキングに参加しています。
気に入ったらポチっとお願いします♥
Banner Adieu Tristesse   

France et Japon
フランス時間
日本時間
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。