FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディー週末旅行 ~1日目~

いきなり決まったノルマンディーへの週末だけの旅行へ!
(決まったのは金曜日・・・
8月15日ということで、渋滞を心配していたのだけど行きも帰りも快適だった。
泊まったのはカーン(Caen)。
日本語表記だとカーンだけど、発音はQuandと同じ。
ホテルは寝るだけなので、どこでも良くて全国にあるチェーンホテルに
セブが予約をしていてくれました。
カーンは城下町です。そして教会がたくさんある街。

カン1

カン2

見て、この澄み切った青空!
日差しも強く歩いていると汗ばむような気候でした
やっぱり旅行時はこうでなくっちゃね!
もちろん城壁の上にも登って、カーンの写真を撮りました。

カン3
砲台も太陽にさらされて熱いんだろうなと思ったら冷たい!
ひんやりしてて、気持ちよかったです(笑)

お昼に近い時間になってきたので、また車を飛ばして
Saint-Aubin sur merの海辺へ向かった
旅行の楽しみってごはんだったりしませんか?
少なくともわたしはそうです(爆)食いしん坊。
この旅行では「魚介類しか食べない!」と心に決めて~

プラージュ1
着きました!青い空、青い海・・・(でも実際には水は青くないんだけどね)。

プラージュ2
残念ながらテラス席は満席だったけれど、海が見えるレストランへ。
年配の方が多いかなぁ?あ、でも家族連れも多かった。

サーモンタルタル1
サーモンタルタルを注文しました。セブはムール貝&フライドポテト。
盛り付けが…た、食べにくい。お皿に3つの穴?があってそこにタルタルやら
パスタやらサラダが配置されているんだけど・・・ほんと食べづらかった

サーモンタルタル2
肝心のお味は…味がとっても濃くて、途中で飽きちゃう感じ
もっと別物を期待していたせいもあるかもしれないけれど、サーモンタルタルは
前菜でちょこっと食べる程度でメインではいいかなって思いました~。

セブが食べてたムールの中にたくさんいた小さなカニちゃんたち…。
一緒にお料理されちゃっております。もちろん食べてもOKなんだけど
歯ごたえがカリカリしていて、なんとなくかわいそうなので。。。
(小さなタコだったらまだいいんだけど)
カニなんてブルターニュのムール貝にはいなかったなぁ。。。
これ、ムールのお腹に1匹ずつ入ってるの!パラサイトして生きてたのね。

カニ

その後は砂浜でくつろぐ為に砂浜用のタオルを求めて街を歩く。
こんな所に住んだらどんな気持ちになるんだろう。
冬は寒いんだろうな~、でも今の季節は本当に幸福だろうなぁ~。

海辺1
すぐそこは海!

気分も上がります
気温も高いし、もちろん水着になって、海にも入りました~。
海辺2

水温も高くてぬる~い!ノルマンディーなのに
去年行ったビアリッツの海とは違い、波もおだやかなので安心して泳げる。
海辺3

でも、海から上がって読書をしていたらどんどん曇り空になってきてしまい
冷たい風が吹き始めた・・・
鳥肌になってガクガク・ブルブル・・・
さむーい!!そしてくしゃみまで出てきちゃって体が冷え切ってしまったので
日光浴はあきらめて(もう夕方だったし)ホテルへ戻ってシャワーを
浴びてからまた出かけようということに。

1時間運転してまたホテルに戻り、シャワーを浴びたのはいいんだけど
泳ぐのってめちゃくちゃ疲れるんだねぇ。小学生の頃のあの感覚を
思い出した。体がドーンと重くなる感じ・・・このまま眠りに落ちそうな。
ちょっと海にいただけなのに、肩もほっぺも真っ赤になってる!
(一応顔には日焼け止めつけてたけど、効かない)

またまた車で今度はCabourg(キャブール)という海辺の街へ。
観光客も多く、なかなか画期的な街。

カブール1

海辺の街へ行くと必ずあるわたしの大好きな缶詰屋さんのLa belle-iloise。
今回は閉店間際だったので買えなかったのが残念。。。
(きりえちゃん、お送りしたのはココの缶詰だよ!)
缶詰屋

カブール2
素敵な建物のレストラン(クレープリー)。
でも魚介を食べる!と決めているのでクレープリーには見向きもしません(笑)

ビーチ側のカフェにてアペリティフをしつつ、サンセットを眺めました。
サンセット

路地裏にあったレストランへ。
カブールのレストラン

スズキのグリル
想像とまるきり違う形でやってきた、わたしが注文したスズキのグリル。
うわ~・・・クリームソースだぁぁ
実を言うとわたしは魚系のものにクリームソースがどうも好きじゃない。
なぜなら魚の新鮮さも本来の味も全部ごまかされてしまう気がするから。
もちろんメニューにはクリームソースとは書いてなかった。
期待していたのは本当にスズキをグリルして塩かオリーブオイルとトマト
だけでシンプルに仕上げたもの・・・。
最近のレストランの傾向に多いけれど、お皿の淵にパプリカを振り掛けて
あるのも好きじゃない。(お昼のレストランもそうだった)
そんなところに凝らずに料理に凝って欲しい・・・。

セブが注文したステーキも大きいけれど、固くておいしくなかったって。
ステーキ(緑コショウ)
そしてお値段は目玉が飛び出るほど高かった!
このクオリティで出す値段じゃない。
観光客を狙ったレストランは大体こんな感じ・・・メニューだけでは
想像がつかず実際に目にして食べてみないと分からないっていうのが
つらいところだなぁ。今までいろいろ行ったけれど、「本当においしい!」と
思うレストランに出会ったことは残念ながら稀。
バスクの田舎町の奥にあったレストランは最高だったけど。
べつにわたしのクチが肥えてるだけでもなんでもない。
ムールだったらチェーン店のレ○ンのほうが、ずっとこだわってておいしいし
お肉だったらパリで食べるほうがずっとおいしいものに出会える。

しかもお昼食べたあとからどうもお腹の調子が悪い~
魚介のせいなのか、海で濡れた体に冷たい風を受け続けたせいなのか?
ホテルへ帰ったらもう23時過ぎ。寝なくちゃ~!

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

海、すごいキレイ!!!
ノルマンディーって、寒そうなイメージがあるのにね。
海辺の音が聞こえてきそう。
ムール貝の中にいたカニは、ムールが食べたんじゃなくて、カニの方がパラサイトしてるというのはオドロキ!!!

観光地でいいレストランに出会うのって難しい。
パリと較べると、高くてマズいんでしょ?
料理に自信があるんなら、普通はパリで勝負するもん。
日本だって地方都市に行くと、フレンチやイタリアンはお粗末!
“一番いいフレンチレストラン”を紹介してもらって行ったら、お値段だけが一流。
味は三流。
海の近くなら、シーフードはおいしそうなのに。
もっと新鮮な素材のおいしさを生かして欲しいよね。

ムール貝でお腹ゆるくなったことある!

かわいい街だねぇ~!!!!
日本もそうだけれど東京や都心部ってやっぱり
楽しく暮らすには刺激もあって楽しいものもたくさん
あっていいけれどこういう歴史を感じる街って本当に
気分上がる! 暮らしたいぃって思うけれど実は
1週間で飽きちゃうかも・・・田舎者なので案外定着しちゃう
かも知れないけれどさぁ。
そしてまたもや・・・美味しそうなお料理なので残念だった
ねぇ。。その土地土地に友達が居たらいいのにねぇ~

妻さん

わたしも寒いんだろうなーって思ってたけど、暑かった!
でも天気がやっぱり変わりやすいよね。
さっきまでピーカンと思ってたらいきなり曇って冷たい風が・・・・。
カニがパラサイトするのはムールにとってもいいことがあるからなんだって。
相互作用だよねぇ。

確かに腕がよければパリで勝負するよね。
パリにはバスク地方のレストランも多いけど、やっぱりおいしい。
しかも値段も良心的。
海辺の街なんだから凝ったことはせずに、普通のグリル料理とか出してほしいよ。
妻さんが言ってたアクアパッツァ食べたかったけど、あれはイタリア?

cocoちゃん

うんうん、そうなの、かわいいよねー♪
あの街でごはんを食べれなかったのが残念ーーー。
わたしも田舎生まれ&育ちのくせに、都会好きで東京はやっぱり
好きだよ。でもこういう落ち着いた街の感じも捨てがたいよね。
理想をいえば東京のような便利さを持つ場所と旧市街があれば最高かも。
イメージではリヨン。行ったことないけどね。

見た目おいしそう?
でも食べたらきっと納得すると思う・・・(涙)
あ、でもムールはどれ食べても普通においしいよね。
ただレ○ンには勝てない(笑)

この小さいカニさん!!これは食べれないよね。。^^
すごい風景がいいところやね。近くに海もあるの?
すっごいええ所やね。
画像ではすごい食べ物もおいしそうやけど、そっか・・
いまいちなのか。でも何かバカンスって感じでうらやましい。

Maxouちゃんがイメージしてたのは、アクアパッツァだったのね!
うん、あれはイタリアン。
グリルしたお魚をあさりとトマトとワイン蒸しにするって感じ。
おいしいよ~、ゴメン!(笑)

shampooちゃん

もちろん食べられるんだけど、見ちゃうとなんか不憫でちょっとね…。
カーンからは車で1時間弱くらいでビーチに着いたよ。
8月15日でどこも混んでるから、ホテルは寝るだけだしってことで
セブが海から少し離れたカーンを選んだみたい。
予想以上に好きな街になって、またいつか行ってみたい。
1ヶ月くらい暮らしてみたい街。
見た目おいしそうかもしれないけどね~、食べたらびっくりだよ(笑)

妻さん

出てきてほしかったのは、本当のグリル焼きだったの~。
炭火焼きとか?そんなのは無理かもしれないけど。
ポルトガル料理のイワシのグリルに似たイメージだった。
アクアパッツァは妻さんが書いてたからよ~!
もしそれが出てきてたら大満足だっただろうな・・・。
家で作りたいけど、新鮮な魚が手に入らないからなぁ。
FC2カウンター
Mes favoris!
お気に入りの映画と本たち
プロフィール

Maxou

Author:Maxou
フランス好きは13歳の頃から、と結構筋金入りです。
当時のシャルロット・ゲンズブールとヴァネッサ・パラディにノックアウトされました。好きが高じてあれよあれよと2006年よりフランスで暮らしています。楽しいことばかりじゃないフランス暮らしをゆるゆると気ままに綴ってます。

モード・雑貨・音楽・写真・映画・料理・ネコ。
どれかひとつのキーワードでもビビッと来たら気軽にメッセージください♪

ランキングに参加しています。
気に入ったらポチっとお願いします♥
Banner Adieu Tristesse   

France et Japon
フランス時間
日本時間
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。