FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王妃マリー・アントワネット

今これを読んでます

王妃マリー・アントワネット(上巻)

去年帰国した友達にもらったもの。
遠藤周作さん著。
発行年は昭和60年だから、ベルばらよりも後なのね。

ベルばらはオスカルやアンドレなど、架空の人物を中心として展開していたったけど
これもマルグリットという孤児院育ちの貧乏な少女(架空の人物)からの
視点からも見たアントワネット、革命を描いています。
二人の女性の人生は対照的。
ベルばらのロザリーは元々貴族生まれで、性格もとても良い女の子だったけど
マルグリットは逆。アントワネットを憎んでるんですね。
アントワネットの人物像もベルばらのそれとは少し違い、もっと人間らしく
描かれているかも。なかなかおもしろいです。

しかし前から思うことだけど、【フランス王妃】になるべく生まれてきたアントワネットに
とっては庶民の暮らしなどとても想像できなかったでしょうね。
最後まで理解できず、悲しい一生を送った女性だと思います。

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

って、鍵コメにするのを忘れたっ!!
しかもパスワードも入れてないから編集もできないし。
Maxouちゃん、あとで消しといて!!

友達はベルばらに夢中だったけど、私はマンガを読まなかったので読んでないの。
そういえばその子はフランスに行くのが夢だったわ。
Maxouちゃんも読んで夢見ていたのかしら?
私はその頃、山本周五郎と言う時代作家に夢中だったわ。

4日休むと、休み明けが辛いわね。
でも、ちょっとゆっくりも嬉しいね♡

こんにちは!

遠藤周作さん、好きな時期ありました~
そしてわたし、ベルばら大好きなんです!
オスカルとアンドレが死んでしまったその後は
マリーアントワネットを想い、
かなり泣きながら読みました。笑

でもこれは読んだことないので、
読んでみようかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

妻さん

あはは、消しておきましたぜ、姐さん!

わたしは高校卒業した後からず~っと小田急線沿線だったよ。
最初は相武台前(学生時代)、その後なぜか初台へ(新宿近く)。
それから実家へ少し戻った後、また小田急線の鶴川に住んで
そして町田→生田、だったよ(笑)

ベルばらは、わたしが初めて見たのはアニメ。
しかも再放送だったと思うな、あれは…。
マンガを読んだのは中学生くらいになってからだと思う。
そうだね、ベルばらでフランスへの気持ちは芽生えたかも。
少なくとも異国っちゅーのは意識した。

今日は買い物へ行ったけど収穫なしでした~e-258

pumicoちゃん

小学生、中学生の頃は図書館に通いまくって本を読み漁った
ものだけど(特に江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ大好きだった~)
それ以降はまるっきり本を読まなくなってしまって(汗)

pumicoちゃんもベルばら好きだったんだね♪
彼女らの役をフランス人女優がやるとしたら誰だろう?と
思うけど、思い浮かばない~。
アントワネットは個人的にはティルダ・スウィントン(フランス人じゃ
ないけど)が合ってる気がする!
当時の「美しい」という容姿はどんなだったんだろう・・・?

鍵コメさん♪

お久しぶりです、お元気にしてましたか?
そう、立ち仕事なんですよぉ。慣れれば平気になるとは思うけど
最初は大変ですよねー。
ヒールの種類、お薦めしていただいた感じの形なんですけど
(ラウンドトゥだし)それでも痛いです(涙)
なのに今日、お店とかのぞいたらやっぱり欲しくなるのはヒールの
靴、ブーツばっかり!やっぱりかわいさに勝てません。。。

むふふ、下のコメントを見ていただければ分かると思いますが
わたしもずっとその辺でしたよe-343

マリーアントワネットって、ベルバラの中のイメージは「優しい后」のイメージがあった。こちらの本ではもっと「嫌」な部分が書かれてあるのかな?
ちよっと興味わいた^^

shampooちゃん

いやな部分というか、生まれの違いがありすぎて庶民との間に
埋めようのない格差・溝が・・・。
彼女が悲劇の女王と言われているのは、そのせいが大きいと思う。
「あら~、パンがないならお菓子を食べればいいのに。何を
そんなに騒いでいるのかしら?いやねぇ」と言い放ったというのは
有名だけど、そのへんの【常識】なるものを持ってないのだから。
パンはないけどお菓子はあると思ってる^^;
パンがない=お金がないから何もない、という発想がまずない。
罪があるといっちゃあ、あるんだろうけど、別に好きで貴族に生まれて
きたわけじゃないだろうし、当時の貴族と庶民間の感覚は
違いすぎてて、普通の常識がないんだから、かわいそうな人だな~と
思うよ。

とはいえ、外国から来た王妃に搾り取られるだけ税金取られて
贅沢三昧させられちゃ庶民もそりゃあ怒るよな。
なんとも世知辛い時代だったと。。。

庶民ぐらし

が、当たり前な私はセレブの生活を垣間見ること
もきっと理解も出来ないから同じだよね~。
こんなに恵まれた環境に生活しながらも苦しんで
いた女性ってのは色々残っているし何が幸せって
一言ではむずかしいね。 
これ、遠藤周作さんなんだねー。 ちょっと
探してみよーっと。

cocoちゃん

遠藤さんって有名な方だったのね?
恥ずかしながら、作品を読むのは初めてかも・・・(汗)
もちろん名前は知っていたのだけど。。。

昨日、TVでミリオネアな人たちの生活のドキュメンタリー
やってたよ。成金風な人とか、もっと優雅な人とかいろいろだね。
アントワネットが恵まれていたのか分からないなぁ。
子供っぽくて人間っぽい性格だと思うし、恋も知らずに外国に
勝手に嫁がされて、身よりもいないフランスで退屈と寂しさを
埋めるために賭博したり、装飾品にお金かけたり…はなんだか
当然の結果のように思ったりする。
最後には憎まれて恨まれてギロチン行き…なんてかわいそう(涙)
FC2カウンター
Mes favoris!
お気に入りの映画と本たち
プロフィール

Maxou

Author:Maxou
フランス好きは13歳の頃から、と結構筋金入りです。
当時のシャルロット・ゲンズブールとヴァネッサ・パラディにノックアウトされました。好きが高じてあれよあれよと2006年よりフランスで暮らしています。楽しいことばかりじゃないフランス暮らしをゆるゆると気ままに綴ってます。

モード・雑貨・音楽・写真・映画・料理・ネコ。
どれかひとつのキーワードでもビビッと来たら気軽にメッセージください♪

ランキングに参加しています。
気に入ったらポチっとお願いします♥
Banner Adieu Tristesse   

France et Japon
フランス時間
日本時間
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。